創作眼鏡職人
陶芸家のように眼鏡を創る。彫刻家のように眼鏡を研ぎ出す。 手作り創作メガネ作家を目指す眼鏡職人が、掛け心地のいいメガネとは?モテル眼鏡とは?そして天職とは?をつづります。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子供の眼鏡度数
最近はメガネの度の強いお子様(裸眼視力0.1かそれ以下)

が増えてきました。

レンズの度数設定としてキチンと1.0以上に合わせるか、

少しゆるめにあわせるか親御さまにとっては迷うところ

だと思います。「ピッタリ合わせてしまうと、また早く

近視が進行してどんどん悪くなるから弱く合わせてほしい。」

というご意見も多いです。そして「授業中しか使わせない。」

という親御さまも。

確かに一理あるのですが、その場合気をつけなければいけない

事があります。

低い視力のメガネ、そして常用しない生活。これはハッキリ

物を見ない生活を意味します。視力0.1かそれ以下のボヤけた

世界がその子の基準で時々0.7前後が見えるだけ。

よく見えないとどうなるでしょう?

1.0が見える他の人と0.1しか見えない人の間におこる

コミュニケーションのギャップは?

たとえば近所の人とあいさつができない本当の理由はなにか?

また、ものごとを瞬間的に見て判断する判断力が育つでしょうか?

何かに集中する集中力や根気はどうでしょうか?

よく見えないことが結果として将来

「無愛想な少し変わった人」

「優柔不断で物事をすぐ決めれない人」

「根気がなく物事に挫折しやすい人」

これらの原因になっていたとしたら、少し怖い気がします。

さらによく見えない事は、両目が連動して機能的に正常に

働くかどうかの両眼視機能にまで関係してきます。



Oリングテストというのをご存知でしょうか?きちんと視力が

矯正されたメガネを掛けてOリングテストをすると、リングは

開きません。視力矯正せずにテストをすると簡単に開いて

しまうんです。

「すぐ近視が進行するからゆるめに」という方や

「目が悪くなるから授業中だけ」という方は

状況によりこのような事もあるのだという事を

ぜひ知っておいていただきたいのです。

そして単に度数をゆるめることが度数進行を防ぐ近道だと

は言えない事も。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
カラリストの資格取得の授業の中でOリングテストをしました。
同じかどうかはわかりませんが・・・
目を閉じて右手(記憶が怪しいですが)に色布を持ち
左手でOリングを作りました。
先生がそのリングを開こうとするのですが
好きな色だといった色は最後まで力が強く残っているのです。
自分は目を閉じているからわからないのですが。
視力について書かれていることを拝読して
やはりOリングって潜在的能力というのか、気付かない能力?を示してくれるのだな。。。と思いました。

技術屋さんって素敵です。
やっぱり今でもまぶしく映ります。
2006/03/31(金) 02:04:43 | URL | さくら #3fIBvpkA[ 編集]
>さくらさん
コメントありがとうございます!Oリングは
ホントに不思議です。確かOリング学会と
いうのまであったと思います。
でも好きな色でもテストできるとは
知りませんでした。
さすがさくらさんはお詳しいですね~。
今パーソナルカラーリスト養成講座を
受講中なんですが、奥が深てハマッテ
しまいました。また時々教えて下さいね☆
2006/03/31(金) 07:04:32 | URL | 眼鏡職人 #-[ 編集]
あらら。。。
眼鏡職人さんも、カラリスト養成講座を受講されているんですね^^
はまりますよね~
本当に人生や毎日起きる事柄、日常まで変わってしまうから不思議です。
でも、カラリストの眼鏡屋さんっていいですね。
お近くならば、絶対眼鏡を買いに行くのに~
2006/04/03(月) 15:42:06 | URL | さくら #3fIBvpkA[ 編集]
コメントありがとうございます。一日も早く
一人前のカラリストになって、新しいタイプの眼鏡ショップを創りたいです!☆
2006/04/04(火) 16:02:22 | URL | 眼鏡職人 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。