創作眼鏡職人
陶芸家のように眼鏡を創る。彫刻家のように眼鏡を研ぎ出す。 手作り創作メガネ作家を目指す眼鏡職人が、掛け心地のいいメガネとは?モテル眼鏡とは?そして天職とは?をつづります。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人生が変わるかもしれない
こんにちは

創作眼鏡職人の徳永です。

緑豊かな神戸三田の地で

グラスフィッターササダの店長を務めながら

手作りメガネの創作活動を続けています。



今日はある年配のご主人様と

すっかり話し込んでしまいました。

その方がご自分から言われた言葉。



「メガネで人生が変わるかもしれない」


それは、いつも僕が考え

お客様にお伝えしたいと思っている事。

それを、お客様の方から言われ

とっても驚きました。


その方はご自分が人からキツく見られ

それが嫌だと思われていたそうです。

お話しすると本当は内面に優しく暖かいものを

持っておいででした。

しかし、いつも外見で「冷たい人」

「キツイ人」だと誤解されやすいと。


もののイメージは

「色」、「形」、「質感」で決まります。

この3つの要素から

人は相手のイメージを感じ取ります。



その人の内面にある本質を表現する

眼鏡を選び掛けてみる。

例えば柔らかいラインで

温かみのある質感で表現してみる。

但し、それをやり過ぎず

重要ないくつかのポイントを踏まえながら

バランスよくセレクトする。

それが今、僕が学んでいる

バランス美学。

顔の中心にあって

その人の本質を表現する眼鏡を

一本掛けるだけで

例えば優しく温かい人柄を

自然に表現することができる。



お客様は言われました。

「眼鏡を一本かけることによって

人から良い知らせを貰ったり

良いアドバイスを受け取ったり

することも出来るかもしれない。」

眼鏡一本が人との間に入る事によって

コミュニケーションが好転する。

それは人生が好転し始めるという事。

今まで型にはまっていた何かを

チェンジすることができる

止まっていた何かが動き始める。


それは本当の自分を見つけ出し

人生を開花させるという事。



今日はいつも僕が考えている

これらのことを

お客様の方から

スラスラと言われたので

とっても嬉しかったです☆

グラスフィッターササダ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。