創作眼鏡職人
陶芸家のように眼鏡を創る。彫刻家のように眼鏡を研ぎ出す。 手作り創作メガネ作家を目指す眼鏡職人が、掛け心地のいいメガネとは?モテル眼鏡とは?そして天職とは?をつづります。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人類の将来、目が心配。
「そんなにテレビに近づいて見ちゃいけません!」子供の頃よくいわれましたよね。今どうですか?毎日50cmの至近距離で見てるじゃないですか。パソコン。昔だったらハッ倒されてますよね。

最近検眼をしていて思うのですが、ホントに増えました。目が病的なお客様。異常な度数変化の人。視力が出ない人。部分的に視野が欠けている人。
やっぱりおかしい。僕がこの業界に入った十ウン年前とは明らかに違う。眼科行きをお勧めすることがホントに増えました。このまま行ったら将来どうなるんでしょう?総失明社会にならないことを祈ります。

疲れ眼は注意信号。慢性化する前に疲れ眼対策
しっかりケアしましょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
はじめまして。
検索で「パーソナルカラー」とかについて調べていて偶然辿り着きました。
創作眼鏡職人さん(この呼び方で良いのでしょうか?)のこちらの記事を読んでハッとしました。
そうですよね、テレビはあんなに離れて観るのに、PCは…

視力のこと、最近はけっこう気になってきました。
以前ははっきり見えていたものがぼやけて見えたりして。
でも、なんとなく眼鏡って敷居が高い気が~
奥が深そうなのと照れで、なかなか手にとれません。

作業工程のページを拝見して、ちょっとびっくりしました。
手づくり眼鏡って、こんなふうに作られていくのですね~
またブログや作品の更新を楽しみにしています。
2006/03/02(木) 09:54:53 | URL | のらり #-[ 編集]
この前、検眼してて2ヶ月前より明らかに度数が進んでいる人がいて自分も眼科さん行きをお薦めしました。
正直言ってどう説明して良いのか分かんなかったです(>_<)
最近セール準備で忙しくてなかなか眼鏡作れませんが…ついに来週にセル生地サンプルが手に入ります!!!!!!
たぶん涙が出るかもしれません(笑)
2006/03/02(木) 23:16:18 | URL | -□-○- #WG3/H9bE[ 編集]
>のらりさん
コメント本当にありがとうございます。うれしいです。眼鏡は急がず、まず信頼できる店員さんを探すことから初めてみてください。

僕ホームページは見やすさの点でまだまだです。目が疲れないようなレイアウトを考えてみます。また、ぜひいらしてくださいね。

>-□-○- さん
まいどです!お店の近くに信頼できる眼科の先生はいらっしゃいますか?僕の店は眼科との正式な提携はありませんが、人格的にとても信頼できる先生がいます。
お客様をご紹介すると必ずその方の結果を先生自ら電話をしてくださいます。忙しいのに感動します。
その先生は自分の手におえない時はキチンと大きな病院を紹介してくださいますし、また、効果のない薬を出し続けたり、意味のない通院を勧めたりもしません。
へんぴな場所にあるのにいつも患者さんでいっぱい。いつも忙しく、でも人情があって、すばらしい医療をされています。

生地の到着が待ちどうしいですね!届いたら、まず匂いを嗅いでみてください。(笑)
2006/03/03(金) 00:10:09 | URL | #-[ 編集]
はじめまして
ご訪問ありがとうございました。疲れ目対策、大変参考になりました。ありがとうございます。私も普段はコンタクトですが、家では適当なメガネで過ごしています。体に悪いなとは思いつつ・・・。ひとり言のページは一気に拝見しました。これからも更新楽しみにしてます。
2006/03/16(木) 12:00:11 | URL | manatee #-[ 編集]
こちらこそありがとうございました。
美に対する向上心が高いんですね!
美意識の高い女性は素敵です。
眼の健康のため正しいメガネを
ぜひお使いください。
ひとりごとのページはお恥ずかしい
かぎりです。
更新がんばります。
よろしく!
2006/03/17(金) 00:38:17 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。