創作眼鏡職人
陶芸家のように眼鏡を創る。彫刻家のように眼鏡を研ぎ出す。 手作り創作メガネ作家を目指す眼鏡職人が、掛け心地のいいメガネとは?モテル眼鏡とは?そして天職とは?をつづります。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鯖江旅日記 パート2
こんにちは。創作眼鏡職人の徳永です。

今日は鯖江旅日記のパート2をお送りします。



一日目のチェックイン後の夜は、

眼鏡製造のプロの方たち

と合流し数名で会食しました。

地元鯖江で製造から修理までを手がける方や

大手メーカーの方、独自のハンドメイド眼鏡ブランドを

手がける方など、私が知識、情報の両面で

いつもお世話になっている方々です。

製造のプロの方達の話は興味深いものばかりです。

深夜12時過ぎまで熱い話は尽きませんでした。



200705292120000.jpg


二軒目のお店では地元の方お勧めのボルガライスをオーダー。

これはオムライスの上にカツを乗せて特性トマトソースをかけた

という何ともそそられる代物。

このトマトソースはマスターがイギリスや名古屋、

福井のヨーロッパ軒やステーキハウス中村などの名店と

呼ばれるお店で修行して独特の感性で作り上げた幻のソース。

とろりとしたタマゴと特性ソースのブレンド感が絶妙でした!





翌日はいつもお世話になっているプロの作業場を

見学させて頂きました。

キレイに整頓された作業スペースには

高周波誘導加熱装置が置かれテンプル丁番部分の

ロー付け等が行われていました。

CIMG0445.jpg



この高周波誘導加熱装置は、1950kHzの音波を

振動させて金属を瞬時に発熱させる機械です。

このロー付け作業では僅かなズレもゆるされません。

スムーズな開閉に問題が出ないよう丁番がテンプルの中心に

5/100mm以内に治まっているかを見る測定器でチェックします。

CIMG0444.jpg



メガネはこういったシビアな仕事を経て

一般小売店の店頭に並んでいるんですね。



ここでまた幸運にも昔セル枠のプロト職人をされていた方に

お会いすることができました。

長年培ったセル枠製造の裏話やコツ等を教えて頂きました。

TS320029.jpg

これが本物の眼鏡職人の右手..。

実際に何度もやってみて失敗を繰り返しその結果

自分なりの答えを探す。

貴重なアドバイスを頂きました。



プラ枠の表面艶出しには幻の最終製法があります。

「あれを行えば信じられない輝きを放つんだ!」

複数の眼鏡製造のプロは口を揃えて言います。

僕はずっとその製法が気になっていました。

ある薬品を使うというその製法は少し危険。でも..



    「やってみたい。」



今回はその秘伝についても詳しく聞くことができました。




明日はパート3をお送りします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。