創作眼鏡職人
陶芸家のように眼鏡を創る。彫刻家のように眼鏡を研ぎ出す。 手作り創作メガネ作家を目指す眼鏡職人が、掛け心地のいいメガネとは?モテル眼鏡とは?そして天職とは?をつづります。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カラーセラピー
119969219_194.jpg


こんにちは。創作眼鏡職人の徳永です。

僕がパーソナルカラーアナリストの勉強をはじめた頃、

カラーセラピストのI氏のセミナーを受けたことがあります。

I氏は色に関する著書を多数発表されていて

業界では大変有名な方です。



個性に合った似合う色を診断する

パーソナルカラーとはまた別に、

心理的に惹かれる色には意味がある。

それを知ることによって心が癒される。




なぜその色を選んでしまうのか?

選ぶ色によってその人を判断するとしたら?

先生のセミナーや著書を参考に

簡単にご紹介します。





☆今日は「赤の人」


赤は血液の色として象徴されるように赤の人は生命力に溢れています。

この色を取り入れると脈拍数や体温が上がり血行がよくなります。

僕も今年から下着は赤を多様しています。(笑)

赤の人はエネルギッシュで活動的、生きる熱意が強く目標に向かって

まっしぐらに突き進むタイプです。仲間意識が強く、組織でも集団を

動かすリーダー的な力を持っています。情が厚く義理堅いのも赤の人

の特徴です。包容力があり人のために尽くしたいという博愛精神も

ありますが、反面短気で怒りっぽく攻撃的な一面もあります。

人のためにと思いながらもそれがお節介になったりすることも。

また自分の思いが強すぎて他人を支配してしまう場合があり、

これらをいかに自制できるかが幸せな人生のカギといえるでしょう。


次回は「ピンクの人」





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。