創作眼鏡職人
陶芸家のように眼鏡を創る。彫刻家のように眼鏡を研ぎ出す。 手作り創作メガネ作家を目指す眼鏡職人が、掛け心地のいいメガネとは?モテル眼鏡とは?そして天職とは?をつづります。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またまた頂き物です。
こんにちは!創作眼鏡職人の徳永です。

緑豊かな神戸三田のウッディタウンで

メガネ専門店グラスフィッターササダの店長を務めながら

手作りメガネの創作活動を続けています。


またまた頂き物です。

今回ははるばる長野県から

このようなものが届きました。

IMG_2231.jpg
IMG_2233.jpg


手作りメガネの道具の試作品。

ある友人がもっと手作りメガネを

誰でも気軽にはじめられるようにと

試行錯誤しながら作った力作です。

私が手作りメガネをはじめた6年ほど前は

手作りメガネ教室などほとんどありませんでした。

最近は日本各地で少しづつ耳にするようになりましたが

手作りメガネをはじめると共通の悩みがあります。

それはテンプルの芯材をどうやって生地に入れるかということ。

ほとんどの場合、鯖江のシューティング屋さんに

頼むことになります。でも、できることなら

それさえも自分で手作りしたい。そのためには...

私の場合は2枚の生地を貼り合せる

芯張りという方法で行っていましたが

これは生地を無駄に使用するという

問題がありました。

もう少し無駄をなくせたら

その答えがこの道具にあります。

IMG_2232.jpg



この道具を見ていて思いました。

どんな人生にも共通するものが

そこにある。

大切なのは夢を描くこと

それを実現するには?

と方法を考えること。

そして共に行動する

仲間を作ること。

道具といっしょに

焼酎が入っていました。

100520_221227.jpg


コブラという

強そうな名前の焼酎。

今晩頂きます。





さて今日は

新しく入荷したメガネもご紹介。

恵那眼鏡さんの

オリジナルブランド

ENA E0901 です。

IMG_2235.jpg


恵那眼鏡さんは1947年に創業した

岐阜県のプラスチックフレーム工場。

日本における最大の眼鏡産地、

福井県鯖江市の分業制によるシステムとは異なり、

自社工場で全て一貫生産しているところが凄いです。

輸出向けの製品を多く製造しています。


そして15年ぶりとなる

モダンで洗練されたデザインの自社ブランド

『ENA(エナ)』が復活しました。

フロント表面にはうっすらとラメが入り

目元を美しく演出します。

きれいな曲智は

前傾角の調整にも対応。

IMG_2234.jpg

そしてこのレンズシェイプ。

やさしいオーバル型を基本にしながらも

サイドのエッジでお顔の表情を

適度に引き締めます。




グラスフィッターササダ

神戸三田プレミアムアウトレットから車で15分。

神戸三田新阪急ホテル前のセンチュリープラザ内。

神戸電鉄「ウッディタウン中央駅」から徒歩2分です。

お気軽にご来店下さい。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。