fc2ブログ
創作眼鏡職人
陶芸家のように眼鏡を創る。彫刻家のように眼鏡を研ぎ出す。 手作り創作メガネ作家を目指す眼鏡職人が、掛け心地のいいメガネとは?モテル眼鏡とは?そして天職とは?をつづります。
200905<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200907
現在創作中の作品
こんにちは

創作眼鏡職人の徳永です。

神戸三田の緑豊かなウッディタウンで

「グラスフィッターササダ」の店長を務めながら

手作りメガネの創作活動を続けています。

200906101256000.jpg


近藤せんせいの作品から刺激をうけて

手作りメガネの創作中です。

数年前、手作りを始めた当初は

平面的な作品が多かったんですが

徐々に立体的な作品創りへとのめり込み

現在は初めてレンズをフローティングさせる

作品に取り組んでいます。

難関なため

随分お客様をお待たせしています。

もう少しお待ち下さい。

200906101229000.jpg


登ったことのない高い山へ挑むのは

出来るだけ少ない装備で荷物は最小限に

グラム単位で考える必要があるそうです。

そして非常食。

それは安心できる心のゆとり。

ちょっとした息抜きを楽しんだり

もしもの時の打開策を用意するということ。

あとは一心不乱に登るだけ。

200906101227000.jpg


雲が薄くなって

だんだん山頂が見えてきました。

あと少し☆




グラスフィッターササダでは

手作りメガネ教室を随時受け付けています。

ご興味がある方はこちら

スポンサーサイト



鉄のアート
こんにちは。

創作眼鏡職人の徳永です。

緑豊かな神戸三田のウッディタウンで

「グラスフィッターササダ」の店長を務めながら

手作りメガネの創作活動を続けています。



先日、僕を長くご贔屓にして

頂いているあるお客様が、

鉄が好きだと言われました。

鉄で何かを創りたいとの事。

それならばと

僕の物創りの先輩、

鉄の芸術家、近藤明せんせいが

丁度個展を開催しておられるので

さっそく連絡を取りました。

「その日はおるで。待ってるわ」

との事で、さっそくお客様を

お連れすることにしました。

マネキン
「鉄・近藤明展」
近藤せんせいとその作品


せんせいの作風は独特の

味わいがあります。

そして、鉄の作品のなかに

ほんの少し使われる木との絶妙なバランス。

家
イス


作品には創っている人間がすべて出る。

いい物を創るには自分なりに

メンタルの切り替えも大切だと

高い山に登っていくには

深い谷も必要だと

そして観る人と創った人の心が

作品を通じてつながる瞬間が

とてもいいと教わりました。

ハート


観ている人が

「あ!このハート動いてる」

と気付く瞬間が楽しいと

いたずらっ子のように笑われました。

太陽


僕もいつか

せんせいのような

仕事がしたいもんです。

時計


自分より少し前を歩いている人と

交わる時は幸せなひと時です。

ありがとうございました。


「鉄・近藤明展」

場所:ギャラリーけやき
   三田市大原1586-79
期間:6月9日(火)~21日(日)
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.