創作眼鏡職人
陶芸家のように眼鏡を創る。彫刻家のように眼鏡を研ぎ出す。 手作り創作メガネ作家を目指す眼鏡職人が、掛け心地のいいメガネとは?モテル眼鏡とは?そして天職とは?をつづります。
200710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またひとつ僕の手作りメガネが旅立ちました☆
07270006_20071106231154.jpg


こんにちは。創作眼鏡職人の徳永です。

今度の創作メガネの嫁ぎ先は

僕の自宅兼工房から車で30分ほど。

どんどん緑が濃くなっていくこの道が好きです。

IMG_1482_20071106225731.jpg


山深い地へ向かいます。



200711061930000.jpg


「来るとき鹿に気をつけろよ」

のアドバイスに納得。


着きました。表にはIRON CRAFTの文字。

20050123-21_20071106225851.jpg




その方との出会いは今から10年ほど前。

「仕事で溶接をするから眼鏡がすぐ傷むんだ」

そんな会話からだったと記憶しています。

ぶっとい腕、

眼鏡の奥の優しい眼、

温和だがしっかりした口調、

後でその方が数々の鉄の芸術作品を生み出す

アイアンアーティストだと知り

なるほど!と思ったことを記憶しています。

先生からは「物創りの先輩として言わしてもらうけどなぁ」

などと心に染み入る深いアドバイスを頂く事もしばしば。

言わばアートの先生。

その背中から色々な事を学ばせて頂いてます。



ログハウスの中には先生の作品の数々が

IMG_1480.jpg


IMG_1478.jpg


200711061702000.jpg


IMG_1481.jpg


鉄のヘルメット。その名は「100万馬力」

IMG_1477.jpg


http://www.robo.co.jp/hokusei/gallary/gallary/kondou/
http://viva-artdesign.com/tenran/0709kondo.html



0727.jpg


今回の手作りメガネのデザインは人柄がにじみ出るラウンド型。

累進レンズには理想的な上下視野を確保しています。

さらにアイポイント微調整が可能なクリングスパットを採用。

テンプルはお約束のマッスルウェイヴ。

研磨前

07140001.jpg


研磨後

07270004.jpg


フロントからテンプルへ流れる曲面にこだわりました。

ラウンドなのに不思議な引き締め感があるのは

ブリッジの極端なアールとサイドの上昇ラインに

秘密があります。

07270008.jpg


初めてお会いした約10年前、こんな眼鏡を掛けて頂きたい!

というイメージがすぐ頭に浮かびましたが当時のお店には

イメージ通りのフレームは無く、また、当時の僕は

まだそれを創作するすべを知りませんでした。

今になってやっとそれが実現した事がとても嬉しいです。

その人の顔に納まって初めて完成する僕の創作メガネ。

その瞬間がやって来ました。


IMG_0101.jpg


う~んベストマッチ!!

07270013.jpg


またひとつ僕の創作メガネが旅立って行きました。


創作眼鏡職人 徳永





スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。